説明

Fターム[3B201BB32]の内容

液体又は蒸気による洗浄 (28,239) | 流体的清浄手段 (13,243) | 噴射、泡、スプレー (3,939) | ノズルの構造 (973)

Fターム[3B201BB32]の下位に属するFターム

多孔 (254)
圧力調節 (116)
混合 (270)

Fターム[3B201BB32]に分類される特許

321 - 333 / 333




【課題】 周縁エッチング幅を正確に、しかも周面全体にわたって均一に制御しながら基板の表面周縁部から不要物をエッチング除去することができる基板処理装置および方法を提供する。
【解決手段】 処理規定部材146が基板表面Wfから所定の隙間だけ離間しながら基板表面Wfに沿って移動して基板Wの周縁部に対して位置決め、該周縁部との間に空間GPが形成される。そして、この空間GPに対して薬液が供給されて空間GPにおいて薬液による液密状態が形成され、処理規定部材146の位置に対応する周縁エッチング幅EHでエッチング処理が行われる。また、このように周縁エッチング幅EHをコントロールしながら回転している基板Wの周縁部に薬液を供給してエッチング処理を行っているため、周縁エッチング幅EHを周面全体にわたって均一に制御することができる。 (もっと読む)



【課題】皺や傷、液滴混などを発生させることなく、連続的かつ効率的にフィルムの液処理や乾燥処理などの処理を行い、高品位のフィルムを得る方法を提供すること。
【解決手段】本発明に係るフィルムの処理方法は、有機ポリマーを基材上に塗布し乾燥する工程、および有機ポリマーフィルムを基材から剥離せずに液処理する工程を含むことを特徴とする。前記液処理は、前記基材を有する有機ポリマーフィルムを支持体により方向転換させて液中を搬送させることにより行われること、前記液処理後に、さらにリンス用スリットノズルを用いて均一な液膜状の洗浄液でリンス処理する工程を含むこと、前記リンス用スリットノズルのスリット間隔(ギャップ)が10〜500μmであることが望ましい。 (もっと読む)




【課題】 洗面台や浴室等に設置できる多機能水栓を提供すること。
【解決手段】 吐水機能の他に、超音波・水洗浄機能および/または銀イオンコート機能を有する。
(もっと読む)



【課題】本発明は、医療対象物のような対象物を殺菌するための殺菌装置に関する。
【解決手段】殺菌装置は、殺菌チャンバー(8)と、少なくとも1つの洗浄用通路(1)が設けられた通路システム(3)と、を備え、前記洗浄用通路は洗浄液をノズル(2)に搬送するよう構成され、このノズル(2)は実質的に横方向に向いており洗浄液を前記殺菌チャンバー(8)内で散布するようになっている。前記ノズル(2)を支持する前記洗浄用通路(1)は、迅速に着脱可能な連結器を有しており、当該連結器は少なくとも一端が通路システム(3)の静止部分にかみ合うよう協働するようになっている。
(もっと読む)


化学薬品の使用量をできるだけ低減し、簡易、かつ、効率よく実施できるアルカリ可溶型感光性樹脂の剥離方法を提供する。
アルカリ可溶型感光性樹脂の付着した被洗浄体(80)に、ドライアイス噴射装置(40)内でドライアイス粒子を噴射する。剥離片は電解酸性水槽(60)及び、回収槽(70)でフィルター回収を行う。次いで被洗浄体(80)は電解酸性水噴霧装置(50)内で剥離残渣の洗浄を行い、水洗槽(90)にて電解酸性水の中和及び洗浄を行う。なお、アルカリ可溶型感光性樹脂の剥離、及び、回収に使用した電解酸性水は再利用可能であるため、廃液の排出量を大幅に削減できる。 (もっと読む)


【解決手段】超音波ウォータージェット装置(10)は、可動式の発電モジュール(20)と、可動式の発電モジュール(20)から、トリガーと超音波ノズル(60)を備えた手持ち式のガン(50)へと、高圧水を送り届ける高圧水ホース(40)を備える。可動式の発電モジュール(20)における超音波発電機は、高周波電気パルスをピエゾ圧電素子又は磁気歪素子のトランスデューサ(62)へと伝達して、ノズル(60)を流れる高圧のウォータージェットに振動による変調を加える。超音波ノズル(60)から放出されるウォータージェットは、小さい弾丸状の水にパルス化され、それぞれの水の弾丸が目的物の表面にウォーターハンマーの圧力を加える。超音波ウォータージェット装置(10)は、材料を切断したり、ばり取りしたり、洗浄したり、コーティングを表面から除去したり、岩を破壊したりするのに使用できる。超音波ウォータージェット装置(10)はこれらの作業を行うに際し、ウォーターハンマー効果を繰り返すために、従来の連続流れのウォータージェット装置に比べて、はるかにその効率が良い。単一の出口をもつノズルに代えて、複数の出口オリフィスをもつノズルや、回転ノズル(76)を用いることで、大きな表面についても洗浄やコーティング除去を効率的に行うことができる。可動式の発電モジュール(20)の中に、水ダンプバルブ(27)と制御用のソレノイドを配置して、これらをガン(50)には設けないことで、ガンを軽量で人間工学的なものにすることができる。 (もっと読む)


【課題】容器自動洗浄装置から排出される洗浄物(水とインキ等の剥離物及び未溶解分の重曹)を、水と剥離物及び未溶解分の重曹とに分離し、両者の二次処理を行い易くすること。
【解決手段】横軸回りに回転させる容器1の内面に対して粉状の重曹を水と共に噴射し、洗浄して排出する洗浄物排出機構を設けた容器自動洗浄装置において、スクリューコンベア14の排出口14cの下方に、ハウジング16を設け、該ハウジング16の内部に、多数の開口を有するバケット15を回転自在に設け、バケット15を回転駆動する駆動手段18を設け、且つ、前記バケット15に水透過性に優れた回収袋17を着脱自在に設けた。 (もっと読む)


321 - 333 / 333