Fターム[4B063QA19]の内容

酵素、微生物を含む測定、試験 (178,766) | 測定,試験の目的 (30,339) | 病気,病状の診断 (4,937)

Fターム[4B063QA19]に分類される特許

2,081 - 2,100 / 4,937


【課題】肝細胞癌で発現が上昇する遺伝子、この遺伝子によりコードされるポリペプチド、および肝細胞癌を検出する方法を提供する。
【解決手段】DDEFL1、VANGL1、LGN遺伝子、およびこれらの遺伝子によってコードされるポリペプチド、発現ベクター、形質転換体。また、これらの遺伝子配列を含むプローブ、プライマーならびにこれらのポリペプチドに対する抗体を用いた肝細胞癌検出法。肝細胞癌の成長を抑制するために使用することができるこれらの遺伝子のアンチセンスヌクレオチド配列。 (もっと読む)


アルボウイルス感染、好ましくはフラビウイルス科感染、より好ましくはフラビウイルス感染を診断又はスクリーニングするための方法、該方法に有用な試剤、及びそれらの使用。
上記の方法は、
(i) 対象者又は動物からの試料を、考慮される対象者又は動物の種のIg分子の特定のクラスに対して指向されたIg結合タンパク質で感作された固体担体と接触させ、
(ii) (i)で形成された免疫複合体を、アルボウイルスED3ドメインとアルカリホスファターゼ(PhoA)とを少なくとも含むハイブリッドタンパク質からなる検知分子とインキュベートする
ことを含み、
該免疫複合体の検出が上記の試料中のアルボウイルスの存在の指標である。 (もっと読む)


本発明は、患者において、特にセロトニン2C受容体(5HTR2C)のADAR依存性A−to−I mRNA編集というmRNA編集の機構の変更に関連する病状を、該mRNA(5HTR2C mRNAなど)および/またはRNAに作用するアデノシンデアミナーゼ(adenosine deaminases acting on RNA, ADAR)を発現する細胞を含有する末梢(peripherical)組織サンプル(皮膚および/または血液組織サンプルなど)から推定するためのin vitro法に関する。本発明はさらに、薬剤が脳組織においてin vivoで5HTR2C mRNAの編集を改変することができるかどうかを特定するため、または脳組織における5HTR2C mRNA編集の機構の変更に関連する病状の予防もしくは治療を意図した薬剤の有効性を制御するための方法を含み、これらの方法は該末梢(peripherical)組織マーカーの手段を含む。特定の態様において、本発明は、必要とされる場合に5HTR2C mRNA編集率またはプロフィールが、編集部位を含む特定のmRNAフラグメントをPCR、好ましくはネステッドPCRにより増幅した後に、一本鎖コンフォメーション多型(SSCP)法によって決定され、与えられた分析条件下で、該末梢(peripherical)組織からこの編集された5HTR2C mRNAの編集率および/またはプロフィールを得ることを可能とする、このような方法に関する。最後に、本発明は、該ネステッドPCRにおいて実現に寄与する特定の核酸プライマーに関する。 (もっと読む)


【課題】消化器癌の新規治療薬および診断薬を提供すること。
【解決手段】Myc-APCおよびFLAG-マウスアキシンでトランスフェクションしたHEK 293細胞からAPC免疫複合体を調製し、EDDがAPCの機能的パートナーである可能性を見出した。免疫沈降および細胞内局在の検討を行い、APC-EDD相互作用の存在を証明した。さらにEDD発現は、APCおよびアキシンの発現量を、用量依存的に増加させ、該用量依存的発現増強が、タンパク質過剰発現による二次的効果でないことを証明した。RT-PCRにより、EDDをノックダウンした細胞でAPC mRNAが下方制御されないことを示し、EDDによるAPC発現増強は、タンパク質レベルの効果であることを証明し、EDDがAPC安定化に関与することを見出した。本結果に基づいた、APC発現促進機能を有するポリペプチドまたは該ポリペプチドのアミノ酸配列をコードするポリヌクレオチドあるいはベクターを有効成分とする消化器癌の治療薬および診断薬。 (もっと読む)


本発明は、トランスジェニック非ヒト動物、該動物由来の組織又は細胞、及びその作出方法に関する。本発明のトランスジェニック非ヒト動物、或いは該動物由来の組織又は細胞により、相同内在性非ヒト動物タンパク質に代わって薬物代謝に関与すると共に、該動物に導入されたヒト遺伝子の発現の調節がヒトにおいてin vivoで見られるものと一層同様になされるように該遺伝子を制御することに関与するヒトタンパク質を発現することが可能な系が得られる。本発明の一様相は、ヒトPXR遺伝子のイントロン6及び/又はイントロン7の少なくとも一部を含むヒトDNA配列の使用に関する。 (もっと読む)


【課題】肺がんの新たな原因遺伝子を解明し、これにより、当該遺伝子、その検出方法及びそのためのキット、癌治療剤のスクリーニング方法、並びに医薬組成物を提供することを課題とする。
【解決手段】癌患者の一部に存在している融合遺伝子が癌の原因遺伝子であることを見出し、当該遺伝子及びそれによりコードされる蛋白質の検出方法を構築した。前記蛋白質を用いた前記蛋白質抑制剤(即ち前記融合遺伝子陽性の癌治療剤)スクリーニング方法を構築した。前記蛋白質抑制剤が抗腫瘍効果を示すことを明らかにした。これらにより、スクリーニングツールとして有用な新規融合遺伝子、融合蛋白質、スクリーニング方法、並びに前記融合遺伝子陽性の癌治療用医薬組成物を提供した。また、前記融合遺伝子陽性の癌を検出するのに有用な検出方法を提供して本発明を完成させた。 (もっと読む)


【課題】生物の半数体状態におけるエピジェネティックな特性を調べるための方法を提供すること。
【解決手段】倍数体の被験体のエピジェネティックな情報を得るための方法であって、該被験体から(i)少なくとも一種の父系由来のDNA分子及び/又はそれと結合しているタンパク質及び/若しくは(ii)少なくとも一種の母系由来のDNA分子及び/若しくはそれと結合しているタンパク質を含む生体試料を得る段階と、父系由来又は母系由来のDNA分子又はそれと結合しているタンパク質のいずれか一種以上を修飾の有無について分析する段階とを含み、前記分析段階は任意の二ヶ所の修飾が1個の染色体上にcisで存在するのか又は2個の姉妹染色体に亘りtransで存在するのかを決定する、倍数体の被験体のエピジェネティックな情報を得るための方法。 (もっと読む)


本発明は、癌の治療において使用するのに適した抗原結合化合物を調製する方法、抗原結合化合物、およびそれらの使用に関する。 (もっと読む)


【課題】非翻訳性アンチセンスRNAを含む内在性アンチセンスRNAを網羅的かつ高精度に検出できる、新規な内在性アンチセンスRNA発現解析システムの提供。
【解決手段】既知cDNAのアンチセンス鎖を人工的に設定し、そのアンチセンス鎖配列(Artificial Antisense Sequence:AFAS)に対して、ハイブリダイゼーションに最適な条件で、設計された1種以上のプローブからなるプローブセット;AFASプローブセットを搭載したマイクロアレイ;そのマイクロアレイと、ランダムプライミングによるRNAのラベリングとを組み合わせた、内在性アンチセンスRNAの検出方法など。 (もっと読む)


本発明は、がん細胞において特異的に発現される、転写因子複合体の構成要素のアイソフォームに関する。これらのアイソフォームは、がんの検出、診断、予後判定、および治療モニタリングのためのバイオマーカーとして、ならびに標的とされたアイソフォームを発現する様々ながんを治療するための薬学的組成物の薬物標的として、用いることができる。これらの用途のための方法、分子、材料、およびキットも開示する。

(もっと読む)


本発明は、ジンクフィンガー転写因子であるSALL4(アイソフォームSALL4A、SALL4BおよびSALL4Cを含む)の核酸、タンパク質、およびそれに対する抗体を開示する。さらに、SALL4の構成的発現がモデル動物系の細胞における白血病誘発の可能性を高めることを実証する方法も開示する。加えて、トランスジェニックマウスにおける選定アイソフォーム(例えば、SALL4B)の構成的発現は、これらの動物が、移植可能である後発性の急性骨髄性白血病(AML)を含む、骨髄異形成症候群(MDS)様の徴候および症状を生じることを実証する。本開示はまた、胚性幹細胞、成体幹細胞、白血病幹細胞を含むがん幹細胞を同定して精製するための方法、SALL4と結合する、および/またはSALL4を調節する物質を同定するための方法、対象におけるMDSを診断するための方法、ならびにMDS、AMLおよび他の形態の白血病を呈する対象を治療するための方法も提供する。 (もっと読む)


【課題】口腔扁平上皮癌におけるゲノム構造の変化を指標として、口腔扁平上皮癌の悪性度を含めて検出する手段を提供すること。
【解決手段】口腔扁平上皮癌におけるゲノム構造の変化を指標として口腔扁平上皮癌の悪性度を含めた検出を可能にすることを見出した。また、本発明は、口腔扁平上皮癌において、遺伝子の不活性化を回復することにより、口腔扁平上皮癌の増殖を抑制することも見出した。 (もっと読む)


【課題】新規作用機序を有する医薬及びそれらを開発し得る種々の手段などを提供すること。
【解決手段】被験物がc−MIRの発現又は活性を調節(例、促進、抑制)し得るか否かを評価することを含む、CD40の発現を調節し得る物質、及び/又は免疫疾患(例、関節炎等の自己免疫疾患、免疫不全疾患)を予防又は治療し得る物質のスクリーニング方法;c−MIRの発現又は活性を調節し得る物質を含む、CD40の発現調節剤、及び/又は免疫疾患の予防又は治療剤など。本願発明によれば、獲得免疫機能を抑制しない免疫疾患の予防・治療が可能になる。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、cDNAライブラリーおよびマイクロアレイを構築かつ使用することによる特定のヒト組織型における差次的な遺伝子発現のプロファイリングに関する。
【解決手段】 本発明は、胎児、正常、軽症変形性関節症、中症変形性関節症、顕著変形性関節症性および重症変形性関節症の発生段階および病期のいずれかに由来する軟骨細胞中で発現する1つ以上のポリヌクレオチド配列を提供する。本発明はさらにまた、これらのポリヌクレオチド配列のあらゆる組み合わせを含むアレイおよび組成物に関する。本発明はさらにまた、本発明のアレイを使用して変形性関節症を診断する方法を提供する。本発明はさらにまた、本発明のポリヌクレオチド配列の発現レベルを変化させる、または軟骨細胞の同化レベルを変化させる治療薬を同定する方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、薬学上許容される担体と、(i)RdCVF2遺伝子のヒト(Homo sapiens)における長鎖アイソフォームのアミノ酸配列(配列番号10)、そのオーソログ、誘導体および断片からなる群から選択されるアミノ酸配列を含むポリペプチド、(ii)該ポリペプチドをコードするポリヌクレオチド、(iii)該ポリヌクレオチドを含むベクター、および(iv)該ポリペプチドを発現する、遺伝学的に操作された宿主細胞、からなる群から選択される化合物とを含む医薬組成物;このような組成物の、被験体において神経変性疾患を治療および/または予防するための薬剤の製造のための使用;ならびに神経変性疾患を有する、またはその素因を有すると思われる被験体を試験する方法に関する。 (もっと読む)


X連鎖性筋疾患に関連する128位又は224位のFour and a Half LIM領域タンパク質1(FHL−1)変異、筋ジストロフィー及び心筋症を含む筋疾患を発症しやすい個人を特定するための対象の検査方法、及びキット。
(もっと読む)


【課題】癌マーカーとなり得る新規な内在性アンチセンスRNAおよびそれを用いた癌の診断方法の提供。
【解決手段】哺乳動物から採取したRNA含有試料における、センスRNAに対する相対的発現が癌特異的に変動する内在性アンチセンスRNAを測定することを含む、癌診断のための検査方法。特定の塩基配列と同一もしくは実質的に同一の塩基配列を含むアンチセンスRNAから選択され得る、癌マーカーアンチセンスRNA。該癌マーカーアンチセンスRNAとハイブリダイズし得る核酸を含有してなる癌診断薬。 (もっと読む)


本発明は、肺腺癌において示差的に発現される8つの分子マーカーの一群を用いて、肺腺癌についての予後診断を提供する方法を提供する。
(もっと読む)


【課題】卵巣癌におけるゲノム構造の変化を指標として、卵巣癌の悪性度を含めて検出する手段を提供すること。
【解決手段】卵巣癌におけるゲノム構造の変化を指標として卵巣癌の悪性度を含めた検出を可能にすることを見出した。また、本発明は、卵巣癌において、遺伝子の不活性化を回復することにより、卵巣癌の増殖を抑制することも見出した。 (もっと読む)


本発明は、Clostridium perfringens由来の、ポリペプチドに基づく毒素に関する。本発明は更に、該毒素を含む免疫原性組成物、およびクロストリジウム疾患に罹りにくくするよう、動物、例えばニワトリにワクチン接種するための方法に関する。動物が該毒素にさらされたかどうかを判定するための方法、該毒素をコードするポリヌクレオチド、および活性が減少したまたは低い形態の該毒素を発現する弱毒化細菌も開示する。 (もっと読む)


2,081 - 2,100 / 4,937