Fターム[4C076EE02]の内容

医薬品製剤 (238,651) | 不活性成分 (43,188) | 高分子 (37,329) | C=Cのみが関与する反応により得られるもの (9,447)

Fターム[4C076EE02]の下位に属するFターム

Fターム[4C076EE02]に分類される特許

141 - 160 / 198


【課題】 本発明は水溶性フラーレン誘導体又は包接されたフラーレン化合物を安定化剤として用いた水性皮膚外用剤に関する。
【解決手段】 フラーレン水溶性誘導体またはフラーレン包接体から選ばれる少なくとも1種と、ビニル系高分子、液状油分、シリコーン化合物又は多価アルコールから選択される少なくとも一種の化合物とを安定化剤として含有することを特徴とする水性皮膚外用剤。 (もっと読む)


本発明は、(a)粉末が得られるような様式で、1種または数種の活性物質および賦形剤を含む固体医薬製剤を粉砕すること、(b)このようにして得られ得る粉末を、経口投与に適した粘度を有する製剤(ゲル剤、液剤、ペースト剤)に変換するための1種または数種の賦形剤、および粉砕されることになる固体医薬製剤の味をマスキングするための1種または数種の賦形剤と混合して、味、粘度および投薬量に関して経口経路による投与に適した医薬製剤を得ることを含む、味、粘度および投薬量に関して経口的に投与可能な医薬製剤を製造するための方法に関する。本発明の方法を実行するための装置も開示される。
(もっと読む)


本発明は、薬剤の優れた皮膚透過性と、優れた治療効果を有し、且つ低刺激性を兼ね備えた貼付剤を提供する。支持体上に粘着基剤及び薬物を含有する粘着剤層が積層された貼付剤であって、該粘着基剤が合成ゴム系高分子5〜50重量%、粘着付与樹脂10〜60重量%、流動パラフィン25〜60重量%を基剤成分とし、薬物としてエトフェナマートを配合してなる外用貼付剤である。本発明によれば、薬剤の優れた皮膚透過性と、優れた治療効果を有し、且つ低刺激性を兼ね備えた貼付剤を得ることができる。 (もっと読む)


本明細書で記述する生分解性薬物送達システムは、様々な爪ユニットの状態を治療するために、爪ユニットおよびその周囲組織内に植え込むために処方される。この送達システムは重量にして30%を超える活性因子を含有し、溶液、固体、半固体、微粒子、または結晶として処方され得る。本明細書で記載されるのは、爪ユニットの状態を治療するための薬物送達システム及び方法である。一般的に、この薬物送達システムには、爪ユニットの状態を治療するのに有用な局所的持続性放出用活性因子を重量にて30%を超えて有する治療的有効量の組成物が含まれる。この組成物・薬物送達システムは、通常、爪ユニットに植え込まれるように構成され、活性因子の局所的持続性放出を提供してこの爪ユニットの状態を治療する。 (もっと読む)


本発明は、タバコアルカロイドを含むチューインガムの少なくとも1つを使用者に提供する工程と、前記チューインガムの咀嚼によって、タバコアルカロイドをチューインガムから前記使用者の人体に移動させることによって前記使用者にニコチン渇望の緩和をもたらす工程とを含み、前記チューインガムの前記咀嚼は、咀嚼過程の開始から約0.5分から約2.5分の時間に、移動率閾値を超える前記チューインガムからのタバコアルカロイドの移動を伴う前記咀嚼過程を含む、ニコチン渇望を軽減する方法に関する。 (もっと読む)


胆汁酸の透明な水溶液の選択されたpH値の範囲で如何なる検出可能な沈殿物も形成しない胆汁酸の透明な水溶液を含む薬剤学的及びその他の用途のための組成物、及びこの溶液を製造する方法が開示されている。この開示された組成物は、水と、胆汁酸、胆汁酸塩、またはアミンとアミド結合によってコンジュゲートされた胆汁酸の形態の胆汁酸と、水可溶性でんぷん転化物及び水可溶性非でんぷん多糖類の何れか一方または両方を含む。前記組成物は、水系で得られる全てのpH値の範囲で沈殿物を形成することなく溶液状態にある。前記組成物は、一部の実施形態によると、薬剤学的化合物を薬剤学的有効量でさらに含有する。また、本発明は、乾燥形態の一次水可溶化胆汁酸剤形及びこの乾燥形態を製造する方法を提供する。
(もっと読む)


【課題】 これまで十分に達成されなかった有機物ポリマーナノ粒子の粒子径の調製方法を可能にする効果を有し、薬物を封入した有機物ポリマーのナノ粒子の粒子径を任意、自在に調製することを目的とする。
【解決手段】 薬物および有機物ポリマーを有機溶媒に溶解し、この溶液を異なる量の水または含水有機溶媒に拡散させて異なる粒子径を有する薬物封入ナノ粒子を作製し、次いで当該ナノ粒子を含有する溶液を濃度の異なる含水有機溶媒系で処理することにより10nm程度までダウンサイズされた粒子を作製できる。 (もっと読む)


電気化学的センサシステムは、電気化学的センサおよびハイドロゲル組成物を含む。この電気化学的センサは、少なくともカウンタ電極と作用電極とを有する。ハイドロゲル組成物を作用電極に接触させる。ハイドロゲル組成物は、第一のモノマー、第二のモノマー、架橋剤、および溶媒を含む。第一のモノマーは、親水性の特性を有する。第二のモノマーは、疎水性の特性を有する。第一のモノマーの第二のモノマーに対する比率は、約0.1:99.9〜約99.9:0.1である。
【添付図】 なし
(もっと読む)


スフェンタニルを皮膚を介して投与するための経皮デリバリーシステムを提供する。このシステムは、被験者に適用したとき一定状態の無痛覚を誘導し、維持するのに十分な量のスフェンタニルを含有している。このシステムの特徴は、システムからのスフェンタニルの流束に対する剤形速度制御度が高いこと、システムから皮膚を介するスフェンタニルの正味流束が高いこと、優れた剪断時間を示す接着部材である浸透エンハンサーが不要であること、システムからのスフェンタニルの正味流束の変動係数が小さいこと、デリバリー効率が高いこと、及びシステムからのスフェンタニルの定常状態正味流束が実質的に一定であることを含めた1つ以上の特性を有していることである。被験者に適用したとき無痛覚を長期間誘導し、維持するのに十分な量のスフェンタニルを投与するための経皮デリバリーシステムの使用方法も提供する。 (もっと読む)


【課題】 目的に合うように活性物質の放出過程を制御可能な徐放性組成物を提供する。
【解決手段】 ゾル−ゲル転移温度を有するハイドロゲルを形成可能なハイドロゲル形成性高分子と;分散液体と;活性物質を少なくとも含み、且つそれ自体で該活性物質の徐放性を発現可能な微粒子とを少なくとも含む徐放性組成物。この組成物は、前記ゾル−ゲル転移温度より低温では流動性のゾル状態となり、且つゾル−ゲル転移温度より高温では可逆的にハイドロゲル状態となる。 (もっと読む)


モノマーを重合して粒状材料の表面でポリマーを形成する方法であって、連続液相中の前記粒状材料の分散体を提供する工程であって、前記分散体が前記粒状材料の安定剤としてRAFT剤を含んでなり、前記連続液相が1種または複数のエチレン型不飽和モノマーを含んでなる工程および前記の1種または複数のエチレン型不飽和モノマーを前記RAFT剤の制御下で重合し前記粒状材料の表面でポリマーを形成する工程を含んでなる方法。 (もっと読む)


重合体フォーム及びフィルムであって、鼻、口腔又は鞘の粘膜、及び唇及び陰嚢の角質化又は非角化上皮に向けられ、及びそれらを介して治療上の薬剤を送達するためのものである。重合体フォーム、又は吸収性若しくは非吸収性のフィルムは、その内部に組み込まれる治療上の薬剤を含み、前記薬剤は、前記フォーム又はフィルムが、鼻、口腔、又は鞘の唇又は陰嚢の表面上皮に配置されると、前記フォーム又はフィルムから放出される。フォーム又はフィルムは、ゲル化、膨張及び分解の制御可能な速度を持ち、及び装置中に予備成形されるか、又はより一層複雑な薬物送達系の表面に対して被膜として塗布される。 (もっと読む)


液体媒体中に分散されるゲルビーズ又は他の粒子状材料の安定で均一な分布は、ゲルビーズ内に密度低下剤を含み、所望の嵩密度、例えば、液体分散媒体の密度に近い密度を有する粒子を提供することによって得ることができる。好適な密度制御により、貯蔵中に重力で移動して沈降することを防止できる。アガーを配合したゲルビーズは、化粧料に使用するのに、および適度な高温を使用してもよい化粧料配合プロセスに含まれるのに好適である。魅力的で新規な化粧料ビーズ懸濁液を記載する。化粧料の他に、製薬、食物、および他の用途を開示する。好適な密度低下剤の例には、極低密度の中空ポリマーマイクロスフェア、および感温膨張性熱可塑性マイクロスフェアが挙げられる。
(もっと読む)


【課題】皮膚等に貼付される貼付材であって、皮膚面への貼付後の一定期間は容易に剥がれずかつ皮膚刺激を与えない適度な粘着性を有し、所望の一定期間経過後に皮膚面から剥離しようとする際には苦痛や物理的刺激を伴わずに容易に剥離し得る貼付材、および当該貼付材に経皮吸収性薬物を含有してなる貼付製剤の提供。
【解決手段】支持体の片面に粘着剤層が積層されている貼付材であって、粘着剤層が、流動性の異なる2種の合成ゴムを含有し、かつ、30℃での見かけの粘度が0.2×10〜10×10Pa・sである粘着剤層である貼付材。
(もっと読む)


【課題】平均粒子径30μm以下の糖アルコールまたは糖類、活性成分および崩壊剤を含有し、特殊な製剤技術を必要とせず、一般的な設備で簡便かつ容易に調整できる口腔内速崩壊錠を提供する。
【解決手段】造粒物は、活性成分に加えて、平均粒径30μm以下の糖アルコールまたは糖類を主成分とし、かつ、クロスポピドン、クロスカルメロースナトリウム、低置換ヒドロキシプロピルセルロースの群から選択された1つを崩壊剤として、それぞれが、1つの錠剤につき、60〜95重量%、1〜10重量%を含んで生成され、更に、滑沢剤を含めることなく混合された後に、口腔内速崩壊錠として圧縮成形される。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、(i)2つの軽鎖であって、それぞれの軽鎖は、pVK:HuPRO140-VK(ATCC寄託番号PTA-4097)と称されるプラスミドの発現産物を含む軽鎖と、および、(ii)2つの重鎖であって、それぞれの重鎖は、pVgl:HuPRO140 HG2-VH(ATCC寄託番号PTA-4098)と称されるプラスミドまたはpVgl:HuPRO140(mut B+D+I)-VH(ATCC寄託番号PTA-4099)と称されるプラスミドのいずれかの発現産物とを含む抗CCR5抗体またはこのような抗体の断片であって、ヒト細胞表面のCCR5に結合する抗体またはこのような抗体の断片に向けられる。 (もっと読む)


本発明は、被覆、例えばフィルム被覆、糖衣、砂糖フィルム被覆または「ラップ」被覆により提供される0.1から10重量%のチボロンを含む安定化された医薬錠剤に関する。更に、本発明は、チボロンを含む医薬錠剤を安定化させるための被覆の使用にも関する。好ましくは、被覆は、糖衣または砂糖フィルム被覆である。好ましくは、砂糖はスクロースを含む。これらの錠剤は、非被覆のチボロン錠と比較して、貯蔵後に、OM38、すなわちチボロンの異性化分解生成物の量が少なかった。 (もっと読む)


放出調節経口トラネキサム酸製剤及びそれを用いた治療方法が開示されている。 (もっと読む)


Notchシグナリングの多数の結合、連結、又は固定化モジュレーターを含むコンストラクトを投与することによって、Notchシグナリングを治療的に調節する方法が開示される。 (もっと読む)


本発明は、処置剤の放出を制御又は促進するための、イオン性相互作用に幾分か頼る薬学的組成物のためのデリバリーシステムに関する。より具体的には、本発明は、イオン性処置剤及びイオン性ポリマーを有する長時間の制御放出システムに関する(ここで、該ポリマーは、長時間に渡って制御様式で処置剤を放出するのに十分イオン化されており、且つ、組成物は処置剤の投与のためのエマルジョン系を必要としない)。 (もっと読む)


141 - 160 / 198