説明

国際特許分類[F02C7/00]の内容

機械工学;照明;加熱;武器;爆破 (654,968) | 燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備 (130,868) | ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御 (9,734) | グループ1/00から6/00に分類されない,またはそれにはない注目すべき特微,構成部品,細部または付属品;ジェット推進設備のための空気の取り入れ (6,143)

国際特許分類[F02C7/00]の下位に属する分類

国際特許分類[F02C7/00]に分類される特許

101 - 110 / 2,239


【課題】一次保持装置が損傷した場合にブレードの解放(釈放)を防ぐのに役立てるためのフェイルセーフ機構をもたらす二次保持装置を提供する。
【解決手段】ブレード組立体310は、軸線周りに回動可能なハブ312と、翼部分と根元とを有する少なくとも1つのブレード314であって、その根元320が、通常使用時に根元とハブとの半径方向の分離を防止する一次保持装置を用いてハブに結合されているブレードと、根元部分とハブ部分とを有する二次保持装置であって、使用時に、その根元部分が保持空洞内でハブ部分の半径方向内側に置かれる二次保持装置とを備え、根元部分の少なくとも一部は、一次保持装置が損傷した場合に根元とハブとの半径方向の分離を防止するインターロックを介して、保持空洞322内へ進入する。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【解決手段】高温に曝露される物品10の超合金又はケイ素含有基材12上の皮膜系14。皮膜系14は、基材12の上を覆い、溶融塩不純物により促進される高温腐食に対して感受性である皮膜層16,18,20,22,24を含む。耐食性皮膜26は、皮膜層16,18,20,22,24の上を覆い、溶融塩不純物と反応して緻密で保護性の副生成物障壁層28を形成する1種以上の希土類酸化物含有化合物を含有する。
【効果】溶融塩により開始される高温腐食から、下にある皮膜又は基材を保護することができる。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】(1)ガスタービンの始動時及び停止時に発生する熱応力の発生を抑制すると共に低サイクル疲労を抑制する。(2)長期的な使用が可能で、メンテナンスの労力を低減する。
【解決手段】本発明の排気ダクトは、ガスタービンに直結される排気ダクト1であって、ダクトプレート2と、ダクトプレート2の外周部から径方向外方に突出し、周方向に環状をなす補強リブ3と、ダクトプレート2の内周面2cのうち前記径方向において補強リブ3と重なる部分を、内周面2cと間隔を置いて覆ってダクトプレート2との間に断熱層を形成する遮熱板10と、ダクトプレート2の内周面2cから前記径方向内方に向けて突出する突出壁と、を備え、遮熱板10は、前記突出壁の下流側に隣接して設けられ、かつ、上流側の端部にダクトプレート2側に延出する延出部が形成されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】プラントの経年変化や季節変動に対応しつつも、プラントの運転状態をマハラノビス−タグチ法で高精度に判定する。
【解決手段】プラントから取得された複数の評価項目毎の状態量の集まりである状態量の束が時系列に記憶されている状態量ファイルから、予め定めた評価周期毎に、最新の状態量の束A1,…を抽出し、単位空間ファイルに記憶されている単位空間を基準として、抽出した状態量の束A1のマハラノビス距離を求め、マハラノビス距離が所定の閾値以内であるか否かを判定する。単位空間ファイルに記憶されている単位空間S1は、評価周期よりも長い予め定められた更新周期に該当するとき、状態量ファイルから抽出された状態量の束A3が追加される一方で、単位空間S1から最古の状態量の束B1が削除されて、単位空間S1が新たな単位空間S2に更新される。 (もっと読む)


【課題】ポリマーマトリックス、強化織布および添加剤材料の粒子を含むポリマー複合材料を製造するための方法を提供する。
【解決手段】本方法は、強化織布54の少なくとも1つをそれぞれが備える少なくとも2つの物品54に添加剤材料52の粒子を噴霧して、粒子含有物品56を形成するステップを含む。粒子含有物品56は、積層されて積層構造58を形成し、次いで、積層構造58の中に存在する樹脂が、硬化されて、ラミネートポリマー複合材料が形成される。この方法は、例えばファンナセルの吸気リップなど、航空機エンジンナセルの少なくとも一部分を製造する際に利用することが可能である。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

101 - 110 / 2,239