説明

Fターム[2G045DA20]の内容

生物学的材料の調査、分析 (60,403) | 対象成分(有機物) (11,408) | 酵素 (589)

Fターム[2G045DA20]に分類される特許

161 - 180 / 589


多血小板血漿(PRP)の組成物が提供される。一般的に、これら組成物は、全血より高い濃度の血小板及び白血球を含む。血小板及び/又は白血球の濃度は、全血中のそれぞれの濃度の2〜8倍であってもよい。これら組成物は、赤血球及びヘモグロビンの濃度が抑制されていてもよい。幾つかの変法では、本組成物は、損傷結合組織を治療するのに、及び/又は心臓発作後に心臓アポトーシスを遅延又は停止させるのに有用であってもよい。本PRP組成物は、再灌流療法と併せて送達されてもよい。 (もっと読む)


健康な細胞における細胞毒性化合物の効果を減少させる又は防護する方法を提供する。この方法は、造血幹細胞及び/又は造血前駆細胞のような、CDK4/6依存性細胞に一時的な休止を誘導するために、選択的サイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6阻害剤の使用に関する。健康な細胞において細胞毒性剤化合物の効果を減少又は防護する化合物を選択する方法についても開示する。
(もっと読む)


サンプル中の細胞を検出するための物品(610)が提供される。この物品は、細胞抽出剤を含むヒドロゲル(640)を含む。使用方法も開示される。 (もっと読む)


【課題】従来技術に比してコスト的に遥かに有利であり、倫理的な問題が少ないにもかかわらず、簡便、正確で、有用性の高いin vivo評価系が構築できる新規な肝障害モデル動物とその作製方法を提供することであり、また、その肝障害モデル動物を用いることで、従来のモデル動物では事実上不可能であった、ヒト等の哺乳類の肝障害治療薬や肝機能改善若しくは予防機能を持つ食品素材を、in vivo評価系でありながら、網羅的・スクリーニング的に探索できる方法を提供すること。
【解決手段】完全変態型昆虫の幼虫であって、化合物を投与されたことによって、その脂肪体及び/又は腸管に治療可能な障害が与えられているものであることを特徴とする肝障害モデル動物、及び、上記の肝障害モデル動物を用いることを特徴とする、哺乳類の肝障害を改善又は予防する、薬剤若しくは食品素材のスクリーニング方法。 (もっと読む)


【課題】ヌクレオシドアナログを、HIV RTによって取り込まれそして不正確な塩基対合を引き起こす能力についてスクリーニングすることに関連した種々の方法、およびそのようなアナログの使用を提供すること
【解決手段】HIVに関係する方法および組成物を開示する。本発明の方法を使用して、ヌクレオシドアナログを、ヒト免疫不全ウイルスの逆転写酵素(「HIVRT」)によって取り込まれる能力および不正確な塩基対合を引き起こす能力についてスクリーニングし得る。このようなヌクレオシドアナログによるこのウイルスの進行性変異は、ウイルスを生存不能にする。 (もっと読む)


本発明は、TYRO3阻害剤を使用することにより癌を処置するための新たな方法及び癌を処置するための目的の新たな分子を同定するための方法に関する。 (もっと読む)


(1)被験化合物が基質ポリペプチドにおけるLRRK2ポリペプチドのタンパク質キナーゼ活性を調節、例えば阻害するかどうかを決定すること;および(2)該LRRK2ポリペプチドタンパク質キナーゼ活性を調節、例えば阻害する化合物を選別すること;の工程を含んでなり、基質ポリペプチドは配列(W/F/R/K)(W/F/R/K)(R/K)(F/W/H/R)(Y/W/R)(S/T)(L/V/I)(R/K)(R/K)(A/Y)または(W/R)(X)(X)(F/Y/H/T)(Y/W/R)()(X)(R/T)(R)(X)(ここでXは任意のアミノ酸を表す)を含んでなるLRRK2タンパク質キナーゼ活性を調節、例えば阻害するのに有用であると予期される化合物を同定する方法。そのような化合物はパーキンソン病またはパーキンソン症を処置するのに有用であり得る。 (もっと読む)


組織サンプルにおけるバイオマーカー発現をはじめとするバイオマーカー発現の再現性のある定量方法を記載する。計器、その場所、またはオペレータに関係なく再現性のあるバイオマーカー発現スコアを得る方法およびシステムを記載する。 (もっと読む)


【課題】ユビキチン経路を経由するIκB分解のさらなる理解を提供すること。
【解決手段】核因子κB(NF−κB)の活性化を調節する組成物および方法が提供される。この組成物は、リン酸化IκBαおよび/またはIκBβのユビキチン化を調節する1つ以上の因子を含む。このような組成物は、NF−κB活性化に関連する疾患を処置するために用いられ得る。調節因子は、E3ユビキチンリガーゼの認識ドメインを含むペプチドを含む。 (もっと読む)


アメーバ目の少なくとも1つの生物の増殖の制御における化合物の使用であって、当該化合物は当該生物におけるヒスチジン生合成経路および/もしくはメチオニン生合成経路ならびに/またはヒスチジン生合成経路および/またはメチオニン生合成経路から分岐する経路を調節することができる、使用。 (もっと読む)


本出願には、肺癌の検出及び診断のためのバイオマーカー、方法、デバイス、試薬、システム、及びキットが含まれる。1つの側面において、本出願は、肺癌を診断するか又は肺結節の良性又は悪性としての鑑別診断を可能にするために、単独で、又は様々な組合せにおいて使用し得るバイオマーカーを提供する。別の側面では、肺癌を個体において診断するための方法を提供し、ここで該方法には、個体からの生体試料において、表1、カラム2に提供されるバイオマーカーの群より選択される少なくとも1つのバイオマーカーに対応する少なくとも1つのバイオマーカー値を検出することが含まれ、ここでは、その少なくとも1つのバイオマーカー値に基づいて、個体が肺癌を有するものとして分類されるか又は個体が肺癌を有する可能性が決定される。 (もっと読む)


本発明者らは、グレードIIおよびIIIの星状細胞腫および乏突起細胞腫の大半において、ならびにこれらの比較的低悪性度の病変から発達した膠芽腫において、イソクエン酸デヒドロゲナーゼ1(IDH1)のR132残基の突然変異を見いだした。IDH1に突然変異を有しないそれらの腫瘍は往々にして、密接な関連のあるIDH2遺伝子の類似するR172残基に突然変異を有していた。これらの知見は、悪性神経膠腫の発生病理および診断にとって重要な意味を持つ。

(もっと読む)


【課題】脳の局所的な炎症の遷延による組織損傷を抑止し、予後の改善をはかることのできる化合物の提供。および、そのような化合物をスクリーングする方法の提供。
【解決手段】造血器型プロスタグランジンD合成酵素(H−PGDS)の阻害剤を活性成分として含む医薬組成物の使用。また、ヒト造血器型プロスタグランジンD合成酵素大量発現トランスジェニックマウスを用いて、これらの薬効を有する化合物を容易にスクリーニングできる。 (もっと読む)


本発明は、腎損傷を患っている対象または腎損傷に罹っている疑いのある対象における監視、診断、予後、および治療計画の決定のための方法ならびに組成物に関する。特に、本発明は、腎損傷における診断および予後のバイオマーカーとして、可溶性P−セレクチン、タンパク質NOVホモログ、可溶性上皮増殖因子受容体、ネトリン−4、ハプトグロビン、熱ショックタンパク質β−1、α−1−アンチトリプシン、白血球エラスターゼ、可溶性腫瘍壊死因子受容体スーパーファミリーメンバー6、可溶性腫瘍壊死因子リガンドスーパーファミリーメンバー6、可溶性細胞間接着分子2、活性型カスパーゼ−3および可溶性血小板内皮細胞接着分子からなる群から選択される1以上のマーカーを検出するアッセイを使用することに関する。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも1つの酵素活性ドメインおよび少なくとも2つの細菌細胞結合ドメインを含む、細菌結合活性および細菌溶解活性を有する組換えポリペプチドに関する。本発明はさらに、少なくとも2つの細菌細胞結合ドメインを含む、細菌結合活性を有する組換えポリペプチドに関する。さらに、本発明は、組換えポリペプチドをコードするヌクレオチド配列を含む核酸分子、ベクター、および宿主細胞に関する。

(もっと読む)


【課題】二価金属イオンを含む試薬と、アルカリ性洗浄液とを用いる分析装置において、前記二価金属イオンからアルカリ性条件下で形成される金属化合物の沈殿を防止するための組成物を提供する。
【解決手段】前記沈殿防止用組成物は、CH(OH)CH(OH)COOH基を有する化合物又はその塩を含有する。
【効果】水不溶性又は難溶性化合物(例えば、水酸化マグネシウム)の形成を防ぎ、廃液チューブ等への水不溶性又は難溶性化合物の沈着を防止することができ、自動分析装置による分析を常に正確に実施し、安定に稼動させることが可能となる。 (もっと読む)


【課題】中性エンドペプチダーゼ活性上昇抑制剤又はしわ抑制剤を評価又は選択する方法の提供。
【解決手段】UVB照射による真皮線維芽細胞中のNEP活性上昇について検討したところ、表皮細胞におけるIL−8及びGM−CSFが真皮線維芽細胞中のNEP活性に関与しており、UVB照射によりこれらの産生量が増加することでNEPの活性が上昇することを見出した。そして、IL−8及びGM−CSFの産生抑制作用を指標としてNEP活性を阻害し、ひいてはしわ形成を抑制する物質を正確に評価又は選択できる。 (もっと読む)


本発明は、診断/予後判定の指標としてグルタミニルシクラーゼ(QC)を使用する、アルツハイマー病(AD)、軽度認知障害(MCI)及びダウン症候群の神経変性(NDS)などの、神経変性疾患を予測、診断及び予後判定する方法に関する。QCに結合する抗体の使用及び該診断方法を実行するためのキットも、提供されている。 (もっと読む)


【課題】
血液中のK、Na、CRP、LDHの濃度が、正常な範囲を外れる場合、あるいは、正常な範囲の変化でも、未病段階から病的段階までの生体細胞の機能を評価する生体細胞の機能の評価方法を提供する。
【解決手段】
生体細胞の血液中のK、Na,CRP,LDHのいずれか1つ以上の要素の第1の濃度を検知し、前記第1の濃度の検知の後に、前記血液中の前記K、Na,CRP,LDHのいずれか1つ以上の同じ前記要素における第2の濃度を検知し、前記第1の濃度から前記第2の濃度への増減を計算し、前記増減から前記血液の病的段階以前の未病段階から前記病的段階までの状態を評価することを特徴とする。 (もっと読む)


本発明は、心臓病学的疾患又は情況を有する患者の危険性層別化及び/又は予後及び/又は治療調節及び/又はモニターリングのために多形核好中球の好アズール性顆粒からのプロテアーゼ又は内因性インヒビターとのその複合体のレベルを検出し、そして/又は決定するためのアッセイに関する。
(もっと読む)


161 - 180 / 589