説明

Fターム[4F042CB08]の内容

塗布装置−一般、その他 (33,298) | 塗料の供給 (3,715) | 供給調整 (1,450) |  (332)

Fターム[4F042CB08]に分類される特許

201 - 220 / 332


ホットメルト接着剤を供給するためのモジュラー式システム(100)が、内部に複数の計量ステーションを有しモジュラー式タンク組立体(102)に着脱自在に取付けられるモジュラー式計量組立体(104)を具備している。或いは、モジュラー式計量組立体の外部に1または複数の計量ステーションを配設したり、或いは、当初のモジュラー計量組立体に1または複数の付加的モジュラー式計量組立体を着脱自在に連結するようにしてもよい。また、複数の計量装置へ供給されるホットメルト接着剤が異なる作動圧力を有するように、計量装置へ供給されるホットメルト接着剤の圧力を個別に制御する閉ループ式流体圧力制御システムが開示される。
(もっと読む)


【課題】塗布装置において塗布液中の気泡を高精度で検知する。
【解決手段】塗布装置は、塗布液槽1、塗布液ポンプ2、塗布液ポンプ2から圧送された塗布液を被塗布部材12に向けて吐出する塗布ノズル3、配管11A〜11E、及びチューブ14を備える。圧力センサ7は配管11C内の塗布液の圧力を検出する。制御装置8は圧力センサ8により検出された圧力に基づいて塗液中の気泡を検知する。 (もっと読む)


【課題】座板から直立させたパイプの基端部内側に形成した凹部に、上面部にスリットを形成した弾性材料からなる弁部材を水密に嵌合し、パイプの先端から挿入させた接着剤注入器のノズルが弁部材のスリットを押し開くようにした接着剤注入パイプにおいて、注入器を抜いた時に弁体が確実に注入パイプを閉塞できるようにすること
【解決手段】スリットと直交する方向における弁部材の上面部の幅を凹部の幅より相対的に大きく形成し、弁部材をそのスリット縁同志を圧接させて凹部に嵌合した (もっと読む)


【課題】 タンクユニットの着脱に伴うカプラ手段の着脱に際し、機能液の液だれを抑制することができる機能液供給装置等を提供する。
【解決手段】 機能液滴吐出ヘッドに機能液を供給する機能液供給装置において、機能液を貯留する機能液タンク、機能液タンクを支持するタンク架台および一端をタンク側チューブを介して機能液タンクに接続され他端をヘッド側チューブを介して機能液滴吐出ヘッドに接続されるカプラ手段を有するタンクユニットと、タンクユニットが着脱自在にセットされるタンクセット部を有するタンクホルダと、タンクホルダに設けられ、カプラ手段が着脱自在に取り付けられるカプラ取付け部と、を備え、タンクユニットには、カプラ取付け部から外され且つタンク側チューブに接続した状態のカプラ手段を上向きにセットするための、カプラセット部が設けられている。 (もっと読む)


【課題】空気圧回路のみの回路構成によって粘性剤の塗布時間を適切に制御できるようにした粘性剤塗布装置を提供する。
【解決手段】手動操作によって切替えられる手動切替えバルブ11と、エア吐出通路19中に配設された第1パイロット切替えバルブ13および第2パイロット切替えバルブと、シリンダにエア圧制御通路より加圧エアが供給された際には第1パイロット切替えバルブを開位置に切替え、シリンダよりエア圧制御通路に加圧エアが排出される際には第1パイロット切替えバルブを閉位置に切替えるエアタイマ部14と、エアタイマ部とエア圧制御通路との間に配設されエア圧制御通路への加圧エアの排出量を制限する吐出時間調整部18とによって構成した。 (もっと読む)


【課題】アキュムレータの内部で流体が長期滞留するのを防止する。
【解決手段】一端部に流入口35が設けられた第1筒体20と、第1筒体20の他端部に対して軸線X方向にスライド自在に一端部が嵌合され、他端部に流出口36が設けられた第2筒体21と、第1筒体20の一端部が第2筒体21の他端部に対して近接する方向に短縮スライドさせるように付勢力を受ける付勢部24cと、第1筒体20の一端部が第2筒体21の他端部に対して離反する方向に伸長スライドさせるように、第1筒体20及び第2筒体21内の流路Rを通過する流体から圧力を受ける受圧部24eとを備え、流体が第1筒体20の一端側の流入口35から流入し、第2筒体21の他端側の流出口36から流出する。 (もっと読む)


【課題】薬液の寿命を大幅に延ばすことができる薬液供給装置を提供する。
【解決手段】ボトル11には薬液が貯蓄され、添加調整部15に送出される。添加量制御部19により、ボトル11から供給された薬液の劣化度に応じた量の改質剤が、添加調整部15にて薬液に添加される。改質剤が添加された薬液は、ノズル17により基板上に供給される。 (もっと読む)


【課題】閉弁時に開閉弁の膜状部が揺動部材から付与される押圧力によって疲弊することを抑制することが可能な液体噴射装置を提供する。
【解決手段】インクジェット式プリンタは、インクを噴射する記録ヘッドにインクを供給するための液体供給路と、該液体供給路を開閉する際に可撓性を有する第1膜状部47b及び第2膜状部48bがそれぞれ変位する第1開閉弁47及び第2開閉弁48と、第1開閉弁47及び第2開閉弁48の閉弁時に第1膜状部47b及び第2膜状部48bをそれぞれ閉弁方向へ変位させるための押圧力を付与するために揺動する作動板73及び作動板72と、第1開閉弁47及び第2開閉弁48の閉弁時に作動板73及び作動板72からの押圧力をそれぞれ受けて第1膜状部47b及び第2膜状部48bと直交する方向に移動して該第1膜状部47b及び第2膜状部48bを閉弁方向に変位させる第1中継部材49及び第2中継部材50とを備える。 (もっと読む)


【課題】シール性能の低下を防止する。
【解決手段】従動側永久磁石22と可動部材21が、磁気吸引力により、流入室20外の駆動側永久磁石17に追従して移動すると、可動部材21の弁体26が弁口29に対して接近・離間し、弁口29の開度が増減する。弁口29の開度を増減させるための弁体16を移動させる手段として磁気吸引力を用いたので、シール部材の摩耗の問題は生じない。したがって、シール部材の摩耗に起因して流入室内の塗料が漏出する虞はない。 (もっと読む)


【課題】 複数の塗布液供給タンクを交互に使用することで連続的に塗布液をノズルに供給するにあたり、ゲル化した塗布液がノズルに供給されるのを防止した塗布装置と塗布方法を提供する。
【解決手段】 塗布液供給タンク10内の塗布液を最後まで使い切ると、個別供給管11内にはエアが入り込む。このエアの噛込みをセンサ14で検出したら、センサ14からの信号によって開閉弁12をオフにするとともに三方弁13の流路を廃液タンク50側に切り替える。 (もっと読む)


【課題】液体の吐出時、液体の温度変化を最小にして液体の粘度を一定に維持することにより、液体を定量吐出できるディスペンス装置を提供する。
【解決手段】本発明に係るディスペンス装置は、基板に対して相対移動しながら、液体を保存するシリンジ(syringe)から供給された液体を前記基板上に吐出するノズル、前記シリンジと前記ノズルとの間に設けられ、開閉動作により前記シリンジからの液体を前記ノズルに選択的に供給する弁ユニット、前記弁ユニットの開閉動作を制御して前記ノズルからの液体の吐出を制御する弁制御部、及び、前記弁ユニットを通過する液体の温度を設定温度に維持する定温維持ユニット、を含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】液剤の硬化を確実に防止できるようにする。
【解決手段】液剤流路16内の硬化剤(液剤)が、支持孔17と弁棒18(可動部材)の隙間を通って液剤流路16とは反対側の充填室24へ漏出しても、充填室24には可塑剤28が充填されているので、漏出した硬化剤が空気と接触することはない。また、可塑剤28は、溶剤に比べて揮発性が低いので、可塑剤28が揮発することに起因して充填室24内に空気層が生じることもない。これにより、硬化剤が、空気中の水分との接触によって硬化する性質を有するものであっても、硬化剤の空気接触に起因する硬化を確実に防止できる。 (もっと読む)


【課題】 塗料供給設備におけるポンプ消費動力を効果的に低減する。
【解決手段】 塗料供給ポンプPと、塗料供給ポンプPの吐出側に接続した塗料往路4と、塗料供給ポンプPの吸入側に接続した塗料還路5との夫々を複数種の塗料Tごとに設けて、これら塗料種ごとの塗料往路4及び塗料還路5を複数の塗装ガン装備部2にわたらせて延設し、塗装ガン装備部2の夫々において、塗料種ごとに、塗料往路4と塗料還路5とを短絡的に接続する塗料バイパス路12を設けて、その塗料バイパス路12から塗料取出路13を分岐し、この塗料取出路13を開閉する塗料取出弁15を設ける塗料供給設備において、塗料種ごとに設けた塗料供給ポンプP夫々の出力を調整する運転操作部25を設け、この運転操作部25を検出情報又は設定スケジュールに基づいて塗装ガン装備部2の運転条件の変化に応じ塗料供給ポンプP夫々の出力を自動調整するものにする。 (もっと読む)


【課題】 塗布された膜に水分や酸素などの原子・分子レベルの汚染がない膜塗布装置を提供すること。
【解決手段】 被塗布基板を内部に導入して、この基板に膜塗布を行うための塗布容器50,116と、塗布液を保持する塗布液容器20と、前記塗布液容器20から塗布液を前記塗布容器50,116に輸送する液輸送系30とを含む膜塗布装置110において、塗布された膜内における酸素及び水分の内の少なくとも一方の含有を抑制する手段を有する。 (もっと読む)


【課題】一枚の被塗布部材上での有効製品領域を最大とすることが、容易にしかもタクトタイムを長くすることなく実現できて、生産性や歩留まりの向上に大きく寄与する塗布装置及び方法ならびにこの方法を使用したディスプレイ用部材の製造方法を提供する。
【解決手段】被塗布部材上に塗布膜を形成する塗布方法であって、プリディスペンス終了後、一旦塗布器への塗布液の供給を停止し、次いで定容量ポンプによる塗布液の供給と被塗布部材の塗布器に対する相対移動を同時に開始するとともに、相対移動の開始からt秒後であって定常供給速度Qsに達するまでの供給速度Q(t)と定常供給速度Qsの比Q(t)/Qsと、相対移動の開始からt秒後であって定常相対移動速度Vsに達するまでの相対移動速度V(t)と定常相対移動速度Vsの比V(t)/Vsと、を略同一にして塗布する。 (もっと読む)


【課題】複数種の意匠パターンを少ない種類の着色材(原液)により形成することができる電線着色装置を提供する。
【解決手段】電線着色装置1は、電線3に第1の意匠パターン7を形成する第1の加工ユニット20と、電線3に第2の意匠パターン8を形成する第2の加工ユニット30と、双方の加工ユニット20,30に着色材を供給する着色材供給ユニット40と、制御装置50と、を備えている。着色材供給ユニット40は、着色材の原液を収容する原液収容部41aと、この原液を希釈する希釈液を収容する希釈液収容部42と、これら原液と希釈液とを撹拌混合する撹拌混合部43aと、を有している。そして、第1の意匠パターン7を形成する際には、原液のみで構成される第1の着色材を第1の加工ユニット20に供給し、第2の意匠パターン8を形成する際には、原液を希釈液で希釈した第2の着色材を第2の加工ユニット30に供給する。 (もっと読む)


【課題】塗料等の流体の垂れ落ちが防止でき、洗浄が効率良く行え、装置の小型化が図れる流体流路の接続装置を提供する。
【解決手段】塗料カートリッジ13側の塗料通路52と第1バルブ装置22側の塗料供給通路17とを接続する接続装置118は、塗料が流れる塗料供給通路17の接続部17Aを底面22aに有する雌型結合部材112と、接続部17Aに接続される塗料通路52の接続部52Aを先端面13aに有する雄型結合部材111と、雌型結合部材112又は雄型結合部材111のどちらか一方を、シール組立体114が雌型結合部材112の内周面に嵌合する範囲で接続部17Aと接続部52Aとの接続状態から所定距離だけ離れた位置で停止可能な分離装置とを備える。 (もっと読む)


【課題】液滴吐出装置において材料の大量の廃棄を行うことなく、加圧室内の気泡を除去し、吐出不良を防ぐ液滴吐出方法を提供する。
【解決手段】液滴吐出装置において材料を吐出する前に、加圧室と接続している材料供給部内を減圧状態とし、加圧室内に存在する気泡を除去する工程を設ける。加圧室のノズル表面の開口や、材料供給部の材料注入口などの外部に接続する流路を封止し、材料供給部に接続する入出口よりポンプなどによる減圧手段を用いて、加圧室及び材料供給部を減圧する。 (もっと読む)


【課題】適応が困難であったゴミを嫌う液、粒子成分を含む液、時間経過で硬化促進する液、嫌気性接着剤等を適応出来る補給方式を提供する。
【解決手段】ブロック1に大シリンジ12と、小シリンジ14と、ノズル15を夫々連結するポート6を設け、夫々のポート6に繋がるブロック1内の管路5を内部で連結し、大シリンジ12の管路5にシリンジ12からの流入のみを許し、逆方向の流れは止めるチェツクバルブ16を設置している。 (もっと読む)


【課題】オリフィスを用いることなく主剤と硬化剤を十分に分散して混合できるようにする。
【解決手段】主剤と硬化剤の流れは、縮径部56の内壁に沿って内向きに転向し、貫通孔60を通過するときに衝突が生じる。貫通孔60の開口形状は縮径部56の断面形状と異なるので、主剤と硬化剤の流れは貫通孔60を通過するときに乱流状となり、衝突が促進される。これらの衝突作用により、主剤と硬化剤が微粒化されて分散し、混合されて二液塗料が得られる。この構成によれば、貫通孔60の開口面積を小さくしなくても、主剤と硬化剤の微粒化を促進できる。 (もっと読む)


201 - 220 / 332